国会議員になる前から不妊治療の問題に取り組んでいる。このほど立憲民主党がまとめた提言の策定にも関わった。 卵子を凍結した自らの経験から  私がこの問題に取り組むようになったのは、自分の経験が大きい。30代後半になったころ、まわりを見回すと不妊治療を受けている人が非常に多いことに気がついた。