防衛省は31日午前、次期戦闘機の開発体制について、日本企業1社と単独契約する方式を採用すると発表した。1社が全体を統括し、日本主導で開発を進める体制を整える。同日公募を始め、10月にも契約を結ぶ。三