合流新党の代表となる枝野幸男氏が14日に内定した新党人事は、党や国会運営の中核となる幹事長や国対委員長を旧立憲民主党出身者で固めながら、旧国民民主党にも配慮を示す「バランス型」の人事となった。旧立憲主導の党運営を維持しつつ、党内融和を図る必要があるためだ。ただ、重鎮とされる無所属議員の要職起用はな