菅義偉・新首相は日本社会が抱える課題をどう捉えているのだろう。  菅氏は「自助、共助、公助」が目指す社会像という。たたき上げ、苦労人だからこその目線だと感じる。だが、努力しても報われない人もいる。レールから外れてしまうと、なかなか戻りにくい世の中だ。菅氏には、そうした人々の目線に立ってもらいたい。