香港が1997年に英国から中国に返還されて以降、中国本土から香港に移住した市民は100万人を超える。返還前に中国本土などから移住した人と区別して「新移民」と呼ばれ、人口約750万人の香港において今や8人に1人の割合だ。香港で拘束した容疑者を中国本土で裁けるようにする「逃亡犯条例」改正案に端を発した