果樹農家が優良品目・品種への植え替えや新規の植栽をするのを支援する農林水産省の事業について会計検査院が調べたところ、植える樹木の本数が一定面積当たりの標準とされる本数に満たなかった場合でも、定額の補助金が支払われていたことが、関係者への取材で判明した。不適切な支出だったとして、検査院は農水省に改善