政府は、配備計画を撤回した陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の代替策3案のうち、「石油掘削装置(オイルリグ)型」は外部からの攻撃に弱いことなどを理由に、検討対象から外す方針を固めた。残る2案はいずれも艦船で、タンカーなど「商船型」かイージス艦を含む「護衛艦型」。