合流新党「立憲民主党」は15日、結党から1カ月を迎えた。合流の大義だった「政権交代の受け皿」作りを目指し、次期衆院選の準備を進めるが、課題は山積。党内融和に気を配らざるを得ず、旧立憲と旧国民民主が競合する選挙区の調整は遅れがちだ。共産党など他党との調整は後回しになり、野党同士の「競合区」も結党前よ