加藤勝信官房長官は16日の記者会見で、東京電力福島第1原発のタンクにたまり続けている汚染処理水を巡り、「福島第1原発の廃炉作業を遅延させないためにも、処理水の取り扱いについて、いつまでも方針を決めずに先送りをすることはできない」と述べ、結論を急ぐ考えを示した。