菅義偉首相が日本学術会議の新会員候補6人の任命を拒否した問題を巡り、梶田隆章会長が学術会議の活動について社会と対話したり関係学会などと情報共有を進めたりするための、二つのワーキンググループを新設する方針を固めたことが16日、判明した。