立憲民主党の枝野幸男代表は16日、共同通信加盟社編集局長会議で講演し、菅政権が目玉政策として掲げる携帯電話料金引き下げなどを挙げ「単品の政策しか示さず、どういう社会を描こうとしているのか分からない。