河野太郎行政改革担当相は16日の記者会見で、同日から閣議に関する書類で閣僚の押印を廃止したと明らかにした。文章を枠内に収めたり、細い紙をより合わせた「こより」でとじたりする慣行も併せて廃止したという。「長年の慣行があったが合理的ではなく、廃止されることになった」と述べた。