公明党の石井啓一幹事長は16日の記者会見で、政府が東京電力福島第1原発の汚染処理水を海洋放出する方針とされることについて「風評被害を招かないような対策を検討し、地域の理解を得る努力をしてもらいたい」と述べた。