メルヘンの国・ドイツの童話は結構残酷だ。「ヘンゼルとグレーテル」の魔女は最後にかまで焼き殺される。「赤ずきん」では、オオカミがおなかに石を詰められて死ぬ。日本では子供向けにやさしく改変されているものもあるが、本場ドイツの物語は容赦ない描写であふれている。