政府・与党で2021年の通常国会の召集日を来年1月前半にする案がくすぶっている。同年10月までに実施する衆院選に連動し、1月中を含めた解散時期の選択肢が広がる。菅義偉首相が解散のフリーハンドを確保で