原発の「核のごみ」(高レベル放射性廃棄物)の処分地選びに向けた第1段階「文献調査」が初めて始まった。対象となった北海道の小さな自治体には、2年の期間中、最大20億円の交付金と手厚い「対話活動」が注ぎ…