船体をコンパクト化し、低コストでつくられた新型護衛艦「FFM」の進水式が19日、岡山県玉野市の造船工場であった。海上自衛隊の人員不足をふまえ、乗組員を従来艦の半数にし、休養期間を増やす「クルー制」を…