公明党が19日の中央幹事会で衆院広島3区に斉藤鉄夫副代表(68)の擁立を決めたのは、広島3区が地盤の元法相、河井克行被告と妻の案里被告(ともに自民党を離党)による公職選挙法違反事件で地元支持層が自民党への不信感を強めたためだ。自民党公認候補擁立にこだわる岸田文雄前政調会長が率いる岸田派(宏池会)の