政府が進める行政手続き上の押印省略問題で、印章産業への影響を危惧する山梨県議会は13日、「日本の印章制度・文化を守る県議連盟」(会長・山田一功県議会議長)を設立した。産業振興に向けた取り組み支援などに努めるという。