任期満了に伴う2021年1月の岐阜県知事選に、県出身で元内閣府官房審議官の江崎禎英氏(55)が21日、立候補する意向を表明した。自民党県連の一部県議が擁立を進めていた。20日付で退職し、22日に出馬会見する。同県連の国会議員の多くは5選を目指す現職の古田肇知事(73)を支持しており、1966年以来