「選択的夫婦別姓」を巡る議論が自民党内で活発化している。先月下旬以降、賛成派と慎重派が立て続けに会合を開いて議論を深めているが、双方の主張の隔たりは大きく、着地点を見つけるのは難しそうだ。