▼基本的対処方針 政府が新型コロナウイルスの感染状況や対策などを示す指針。緊急事態宣言の根拠となる新型インフルエンザ対策特別措置法の18条で策定を義務付ける。感染症の専門家らの意見を聞いて方針をつくるよう定められている。政府は基本的対処方針等諮問委員会(尾身茂会長)を開いて見解を練り、政府の対策本部で決める。政府は新型コロナ対策で2020年3月に初めて基本的対処方針を決めた。その後、緊急事態宣

/.resources/k-components/rectangle.rev-b4d855d.png