国民民主党の玉木雄一郎代表は7日の記者会見で、新型コロナウイルス対策強化に向けた新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案で焦点となっている休業に応じない飲食店などへの罰則規定について「行政罰で与野党が合意できるなら合意してもらいたい」と述べ、党が求める刑事罰にこだわらない考えを示した。