自民、公明両党幹部は7日、政府の新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の再発令に理解を示す考えを相次ぎ示した。自民党の二階俊博幹事長は「一日も早く感染拡大の状況を収束させるには接触機会を減らす努力を続けなければならない」とのコメントを出した。「医療提供体制の維持、確保に万全を期す。経済的な影響への対策も引き続き講じていく

/.resources/k-components/rectangle.rev-b4d855d.png