菅義偉首相は7日、緊急事態宣言の発令を機に新型コロナウイルス対策に3段階で臨む方針を示した。財政支援と罰則を法制化する特別措置法改正、ワクチン接種を通じ感染拡大を防ぐ。2週間後に宣言の効果を検証する考えも表明した。【関連記事】・・・首相は記者会見で「緊急事態宣言による対策に続き、特措法の改正、ワクチンの早期接種と段階を踏んで取り組む」と強調した。そのうえで、夏の東京五輪・パラリンピックに関し「感染対策を万全にして安全・安心な大会を実現したいという決意を持っている」と訴えた。菅政権は五輪をコロナで長期にわたり落ち込む経済の起爆剤

/.resources/k-components/rectangle.rev-b4d855d.png