加藤勝信官房長官は8日の記者会見で、韓国のソウル中央地裁が元従軍慰安婦訴訟で日本政府に賠償を命じる判決を出したことを巡り「極めて遺憾だ。断じて受け入れることはできない」と語った。「韓国が国家として国際法違反を是正するために適切な措置を講ずることを強く求める」とも強調した。加藤氏は「国際法上の『主権免除』の原則から日本政府が韓国側の裁判権に服する

/.resources/k-components/rectangle.rev-b4d855d.png