衆院小選挙区制の実施から四半世紀で首相官邸主導の政策運営が進んだ。首相の指示が直接省庁に行き渡り、省庁縦割りを排し素早い執行につながる。「官邸の意向」への忖度(そんたく)など官僚の畏縮という負の側面も目立ってきた。「過去に例のない2兆円の基金を創設する」。菅義偉首相は18日召集の通常国会の施政方針演説で、肝煎りの脱炭素の研究・開発を支援する重要性を訴える。昨年段階で基金構想を立案した経済産業