茂木敏充外相は12日の衆院予算委員会で、在外邦人への新型コロナウイルスワクチンの接種について見解を示した。ワクチンの確保量が不足する途上国があると指摘し、支援策について「国ごと、地域ごとにきめ細かく検討したい」と話した。新型コロナの感染初期に実施した在外邦人の帰国支援を参考例に挙げた。「各国の感染状況や移動制限を見極め、一国ごと、一人の邦人ごとに対応が必要か考えた」と述べた。ワクチン接種も同じ