菅首相は12日、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長が女性蔑視(べっし)と受け取れる発言の責任をとって辞任したことについて、「国民や世界から歓迎される新しい組織をできるだけ早く作られることを期待している」