15日の衆院予算委員会では、立憲民主党の野田佳彦元首相が野党のトップバッターとして質問に立ち、危機管理について論戦を挑んだ。「党首討論のつもりで」と宣言し、閣僚の「助け舟」の答弁も制止。自身の経験も ...