衆院予算委員会は15日の集中審議で、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の女性蔑視発言を巡って論戦となった。菅義偉首相は「密室」と批判された森氏の後任選定のあり方について、組織委側に注文を付けた一方で、森氏の進退には、関与しなかったことを明らかにした。首相は組織委に助言ができる顧