小泉進次郎環境相は18日、米バイデン政権で気候変動対策を担うケリー大統領特使とテレビ会議方式で30分協議した。4月に米国が主催する「気候変動サミット」に向けて、日米で世界の脱炭素を推進していく方針を確認した。小泉氏はケリー氏に「カーボンニュートラルの実現には自治体がカギとなる」と伝えた。協議後、脱炭素をめざす自治体「ゼロカーボンシティ」を日米欧やインド太平洋地域に