日本、米国、オーストラリア、インドは日本時間18日夜、電話による外相協議を開いた。中国の海洋進出を念頭に東シナ海、南シナ海での力による一方的な現状変更の試みに強く反対すると一致した。茂木敏充外相は中国海警局を準軍事組織に位置づける海警法に「深刻な懸念」を表明した。ミャンマー国軍によるクーデターに関して、早期に民主的な体制を回復する必要性も確かめた。茂木氏は協議で、民間人への暴力的な対応の即時停