東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の新会長に就いた橋本聖子参院議員は19日午後、所属する自民党へ離党届を提出した。同日午前にいったんは離党しない考えを表明したが、野党の反発を受けて一転、離党を決めた。党北海道連会長も辞任する。参院議員は辞職しない。党本部で二階俊博幹事長と会い、離党届を出した。22日に開く党紀委員会の審査を経て、離党が正式に決まる。橋本氏は二階氏との会談後、記者団に「透明性