河野太郎規制改革相は21日のNHK番組で、新型コロナウイルスワクチン接種で高齢者の次に接種対象となる基礎疾患のある人について自己申告制を検討する考えを示した。理由として自治体が基礎疾患の有無を把握できないほか、医療機関で診断書を出すのに手間がかかる点を説明した。河野氏は「一斉に接種券を送ったうえで、基礎疾患のある人は手を挙げて先に予約してくださいとせざるを得ない」と話した。会社員など現役世代