加藤勝信官房長官は22日午前の記者会見で、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの冷凍庫などでの保管方法に関し、同社から追加データが提出される予定だと説明した。「厚生労働省で評価し、添付文書の改訂などがなされる。それを踏まえて接種の方法も検討する」と語った。ファイザーは超低温のセ氏マイナス60~80度が必要としてきた管理方法について、同15~25度で2週間の保管が可能だとするデータを米食品