自民党は近く、執行部と党所属女性議員の意見交換会を開く。二階俊博幹事長は当初、幹部会議に女性議員をオブザーバー参加させる方針だったが、党内から「発言権がなければ意味がない」(女性議員)との声が出て軌道修正を図った格好だ。意見を党運営に反映させ、女性活躍推進につなげられるかどうかが問われそうだ。