政府は30日の閣議で、昨年12月から今年2月にかけての超過勤務時間が月200時間以上となった職員のいる府省庁が、閣僚を置かない外局や行政組織も含めて16に上ったとの答弁書を閣議決定した。内閣官房と経済産業省では、300時間を超える月があった職員もいた。答弁