現在は40人(小1は35人)と定められている公立小学校の学級編成の上限を35人に引き下げる改正義務標準法が31日、参議院本会議で可決・成立した。2021年度はまず小2を35人とし、下の学年から毎年1学年ずつ引き下げることで、25年度に全学年の「35人学級」を実現する。