政府の個人情報保護委員会は31日の衆院内閣委員会で、無料通信アプリ「LINE」の利用者情報が中国企業から閲覧可能だった問題を受け、運営会社への立ち入り検査を実施したことを明らかにした。