立憲民主、共産、国民民主、社民の野党4党は31日午後、総務省幹部らの接待問題などを巡り、武田良太総務相に対する不信任決議案を衆院に共同提出した。4月1日の衆院本会議で与党の反対多数で否決される見通し。野党は4月25日投開票の衆参3補選・再選挙を見据え、菅政権との対決姿勢を強めている。【宮原健太】