立憲民主党など野党は31日、武田良太総務相への不信任決議案を衆院に提出した。総務省幹部への接待問題を巡る武田氏の答弁が不誠実だと断じた。与党は4月1日に否決する方針だ。与野党は衆院解散を巡る発言でも対決姿勢をみせる。立民、共産、国民民主、社民4党の幹事長・書記局長は31日、国会内で会談した。立民の福山哲郎幹事長は会談後、記者団に「武田氏の国会答弁は不誠実そのものだ。疑惑解明に消極的な姿勢に終始