ドイツの憲法裁判所の3回目です。イスラム教徒のスカーフ問題を取り上げます。思想信条を巡るあつれきは、法理論だけではなかなか解決しにくい課題です。ドイツではどう裁いているのでしょうか。渡辺康行著「『内心の自由』の法理」(岩波書店)を参考にして見ていきましょう。ドイツ憲法4条1項は「信仰および良心の自由(中略)は不可侵である」と定めます。日本国憲法20条1項の「信教