政府は新型コロナウイルスのワクチン接種状況を全国の市区町村ごとに把握する。接種履歴を一元管理する新システムを4月に稼働させ、新規感染者数や病床使用率をもとにワクチンの効果を検証する。全国の進捗率も公表する方針だ。スピードに地域間で差が出れば地方自治体に混乱が生じる懸念がある。都道府県や市区町村ごとの数値を国民全体に公表するかは慎重に検討する。自治体向けには年齢層や居住区域別の進捗データなど詳