共産党の志位和夫委員長は1日の記者会見で、菅内閣に対する不信任決議案の提出に慎重な考えを示した。新型コロナウイルス対策が喫緊の政治課題だとして「不信任案提出は衆院解散を求めることになるので、慎重に対応しない