菅義偉首相は1日夜のテレビ東京番組で、5月5日までとした「まん延防止等重点措置」の期間中の衆院解散・総選挙に否定的な考えを示した。「基本的に新型コロナウイルスの感染拡大(の防止)が最優先だ」と述べた。自民党総裁の任期は9月までだと言及し「様々なことを考えながら対応していきたい」と語った。新型コロナウイルスのワクチン接種を急ぐため、接種を担う人員を確保するための規制緩和を検討すると表明した。