河野太郎規制改革相は2日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの供給計画について、当初の想定より上積みになるとの見通しを示した。5月10日からの2週間で全高齢者(約3600万人)の半数が1回目を接種するだけの数量を配送できると説明した。