菅義偉首相は5日の参院決算委員会で、国家公務員の定年を延ばす国家公務員法改正案を今国会に再び提出する方針を表明した。「早期提出に向けて政府として準備を進めている」と語った。「豊富な知識、技術、経験などをもつ高齢期の職員に最大限活躍してもらい、複雑・高度化する行政課題に的確に対応していくためには定年を引き上げることが必要だ」と説明した。同改正案は一般職の国家公務員の定年を現在の60歳から65歳