小泉純一郎元首相は、首相当時は原発推進だった。しかし、2013年にフィンランドの高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場「オンカロ」を視察してから原発反対になった。