菅義偉首相は7日、東京電力福島第1原子力発電所にたまる処理水の処分に関し「近日中に判断したい。まだ方向性は出していない」と述べた。海洋放出をする場合の対応を問われ「仮定のことは控える。いずれにせよ風評被害は最小限にする努力は絶対に必要だ」とも強調した。首相官邸で記者団に語った。これに先立つ官邸での全国漁業協同組合連合会の岸宏会長との会談で、処分方法を巡る有識者の評価や風評被害について議論したと